×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Panorama飛騨 飛騨路と北アルプスの絶景地ガイド

 
ホーム 下呂温泉 南飛騨 御嶽山 南乗鞍 飛騨高山 乗鞍岳 上高地
奥飛騨  飛騨古川  白川郷  山ガイド  リンク  サイトマップ 繁體中文   簡体中文
ホーム
下呂温泉TOP
下呂温泉お湯巡り
GグルメGスイーツ
GナイトGビューティ
温泉寺
下呂温泉合掌村
禅昌寺
下呂温泉観光
竹原加子母
付知峡
中山七里飛水峡
飛騨金山
飛騨萩原
馬瀬地方自然公園
下呂温泉の春
下呂温泉の夏
下呂温泉の秋
下呂温泉の冬
下呂温泉の効能
下呂温泉の歴史
下呂温泉の味
ケイちゃん
下呂温泉に泊まる
温泉知識
下呂温泉アクセス
下呂温泉ドライブ
下呂温泉観光地図
下呂市観光交通地図
実用リンク集
下呂温泉足湯・外湯めぐり

 
 下呂温泉の特長は、なんといってもお肌つるつるの美人の湯!
 滑らかな肌ざわりとほのかな湯の香が漂う温泉を、泊まりのお宿のほかでも、ぶらり日帰り旅行でも、気軽に楽しめるのが下呂温泉の足湯と外湯めぐりです。

下呂温泉の足湯めぐり
 
 水圧による心臓への負担が少ない足湯は、血行を良くし、冷え性も解消されるなど、健康維持にとても効果があります。入浴時間はおよそ10〜15分が目安。最初、足からジワ〜と暖まってきて、そのうち全身の血の巡りが活発になってきます。なので、足だけではなく体全体の疲れが取れていきます。
 下呂温泉では、散歩の途中で気軽に何ヶ所も足湯めぐりが楽しめるのが魅力です。

下呂温泉の無料足湯
足湯の里ゆあみ屋

阿多野谷沿いの喫茶・売店。
名物の温泉卵や温玉ソフトのほか、足湯用タオルや入浴グッズを販売しています。

ゆあみ屋の足湯
「足湯の里ゆあみ屋」の入り口にある半円形の足湯で、足湯をしながら温泉卵やGスイーツを楽しめます。
さるぼぼ黄金足湯
ゆあみ屋に隣接する「しらさぎ横丁・さるぼぼ神社」にあります。さるぼぼ七福神が見守る黄金タイル張りの足湯です。
雅の足湯
ゆあみ屋やさるぼぼ足湯に隣接したホテル雅亭入り口にある足湯です。
ビーナスの足湯
立ち寄り湯「白鷺の湯」入口にある円形の足湯で、ビーナス像が立っています。
鷺の足湯
湯之島温泉街の市営駐車場横にあり、下呂温泉足湯ブームの先駆けとなった足湯です。
駐車場は1時間無料。
モリの足湯
下呂駅に近いホテル水明館対面にあります。喫茶モリに隣接した足湯です。
下瑠磨の足湯
高台の下呂温泉合掌村に近い、いで湯朝市対面の旅館水鳳園入り口にあります。
田の神の足湯
下呂郵便局と市役所に隣接した小公園にあります。駐車場が近くて便利です。

下呂温泉の外湯めぐり
白鷺の湯
温泉街にある、大正15年創業の歴史ある公共浴場。現在の建物は新しくつくられたものですが、レトロな洋風の外観が大正ロマンを感じさせます。
檜造りの湯船に源泉掛け流しのお湯がたっぷりと満たされ、窓からは飛騨川の流れを見下ろすことができます。
入り口には円形をしたビーナスの足湯があります。


営業時間:10時〜22時 
入浴料:300円 
定休日:水曜日
電  話:(0576)25−2462

幸の湯
下呂温泉の公共浴場で、飛騨川の下呂駅寄り、下呂温泉病院の隣にあります。
旅館ですが、ジェットバスや露天風呂、サウナなど8種類のお風呂を備え、スーパー銭湯を小さくしたような造りになっています。夕暮れ時の露天風呂からは、飛騨川をはさんだ旅館の明かりが見え、情緒があります。



営業時間:10時〜23時 
入浴料:350円 
定休日:火曜日
電  話:(0576)25−2157
クアガーデン露天風呂
飛騨川に面した露天風呂主体の立ち寄り湯です。
岩風呂や五右衛門風呂、打たせ湯、箱蒸しなど6種類のお風呂があり、洞窟風呂は大人の胸までの深さがあって、たっぷりと温泉を楽しめます。
和風のなまこ壁が特徴的な本館には、畳敷きの広い休憩室や食事処もあります。



営業時間:08時〜21時 
入浴料:600円 
定休日:木曜日
電  話:(0576)24−1182

湯名人湯めぐり手形
下呂温泉の加盟旅館30軒余りのうち、3ヶ所の旅館のお風呂を利用できる日帰り入浴専用手形です。
気になる一流旅館のお風呂を体験することができ、半年の有効期限があるので、次回にも楽しみがとっておける、リーズナブルな手形です。(旅館により入浴時間や駐車場の指定あり)
利用回数ごとに裏面のシールをはがし、使用後の木製手形はちょっとした下呂温泉のお土産にもなります。
湯めぐり手形は1200円。
加盟旅館及びコンビニ、みやげ店で販売しています。

問合せ:下呂温泉旅館協同組合 
電  話:(0576)25−2064

下呂市民限定、下呂温泉を自宅で楽しむ
下呂温泉湯元タンク
温泉スタンド
温泉に鯉が泳ぐ小川
 
 JR下呂駅からJR線路下をくぐって温泉街に向かう左手に、和風の大きな土蔵建築が見えています。これは下呂温泉の各旅館に温泉を供給する温泉タンクですが、ここにはオーバーフローの温泉を格安で販売する温泉スタンドが併設されています。
 なんといっても魅力は湧出したての温泉を自宅で楽しめることで、これぞ正真正銘の「源泉かけながし」です。硫黄の香りが漂う供給温度55度の温泉は熱すぎて、そのまますぐにはお風呂に入れません。
 温泉スタンドを利用するためには、200Lか300Lの車載用タンクと水中ポンプ、ホースなどを準備して、下呂温泉事業協同組合に申請しますが、残念ながら下呂市民限定のぜいたくな楽しみです。

利用料金:300L:200円、200L:150円


Copyright (C) panoramahida All Rights Reserved