×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Panorama飛騨 飛騨路と北アルプスの絶景地ガイド

 
ホーム 下呂温泉 南飛騨 御嶽山 南乗鞍 飛騨高山 乗鞍岳 上高地
奥飛騨  飛騨古川  白川郷  山ガイド  リンク  サイトマップ 繁體中文   簡体中文
博物館明治村・リトルワールド


博物館明治村

 犬山市の郊外、美しい入鹿池の畔に、明治時代の建物などを移転・復元して、当時の文化を現代に紹介する野外博物館「明治村」があります。
 明治100年の記念事業として、昭和40年(1960)にオープンして以来、年々失われていく日本の近代化遺産を蒐集して、現在では10棟の重要文化財を含む67件が展示され、ほとんどが文化財指定を受けています。その内容は、ホテル、役所、学校、病院から、教会堂、裁判所や監獄、酒造場や芝居小屋、政治家、文豪の住居、鉄道や港湾施設まで多岐にわたります。また、洋食をメインにしたレストラン、牛鍋屋、明治村を利用した結婚式など、明治時代をまるごと体験できるテーマパークになっています。


9:30〜17:00 休:年末、1月・2月の月曜日 1600円
電話:(0568)67−0314

教会建築

官公庁建築

蒸気機関車

 明治村内の「なごや驛」と「とうきゃう驛」を結ぶ鉄道で、蒸気機関車に牽引された客車が往復しています。それぞれの駅で行われる回転台を使った機関車の入れ替えも見どころです。(現在、点検修理のため運休中)

京都市電
 蒸気機関車に接続して路線がある路面電車は、京都市電で日本初の電車として使われたものです。
(現在、点検修理のため運休中)


野外民族博物館リトルワールド


 愛知県犬山市と岐阜県可児市にまたがる123万uもの広大な丘陵地に、世界各地から移築・復元された22ヶ国31棟もの民家・建物と、4万点もの民俗資料を展示している野外民族博物館です。
 猿人から枝分かれした人類の誕生から、生活、言語、宗教などを民俗資料で展示した屋内博物館も見応えがありますが、なんといってもメインはアジアやヨーロッパなどのエリアごとに村を構成した実物の民家展示です。調度品や台所用品、道端の道路標識に至るまで忠実に再現されているので、海外旅行をしている気分になれます。
 また、それぞれのエリアには民族料理レストランやお土産店、貸衣装で写真が撮れるコーナーがあり、見学するだけではない楽しみ方がいっぱいです。

9:30〜17:00(季節変動あり) 休:7月第2週の月〜金、冬季の水・木、12月31日
料金:1600円  電話:(0568)62-5611

本館

 リトルワールドの入口にあり、進化、技術、言語、社会、価値の5テーマに分けて、人類発祥以来の6千点の民俗資料を展示しています。心と信仰をテーマとしたホールは、荘厳な雰囲気のなかで、各宗教の神像や仮面などが見下ろすように並びます。

石垣島の民家

台湾の民家

ペルーのアシエンダ(大農場主)の館

バリ島の貴族の館

ドイツ・バイエルン、フランス・アルザス、イタリア・アルベロベッロ

ネパールのチベット仏教寺院

インド・ケララ州の村

韓国の村

民族料理を楽しむ
台湾の屋台村
韓国亭
インドカレー

 石垣島、台湾、ペルー、太平洋、バリ島、ドイツ、フランス、イタリア、アフリカ、インド、タイ、韓国の各地域には、それぞれ屋台村やレストランがあって、民族料理を食べ歩くことができます。ヨーロッパの各村では直輸入のビールやワインが味わえ、できることならマイカーでなく、お酒を楽しめる公共交通機関で来たいと思わせます。

民族衣装や乗り物
民族衣装
園内バス
サーカス

 300円〜500円という手ごろな価格で貸衣装を着て、各村内で写真が撮れます。これが一番の楽しみという方も多いのではないでしょうか。
 リトルワールドの遊歩道は、一周約2.5Kmもあって起伏に富んでいるため、歩くのが辛い方には園内周遊バスがおすすめです。乗り降り自由で1日500円、フィリピンのジプニーバスやタイの三輪タクシー・トゥクトゥクなどが走っていて、乗るだけで海外旅行をしている気分になります。
 スタート地点の野外ステージでは、定期的にサーカスや大道芸が上演されます。


サイト情報
このサイトについて
自己紹介
リンク
サイトマップ
メール


Copyright (C) panoramahida All Rights Reserved